FC2ブログ

Bonne journée!





フランス映画(2)~まぼろし~明日の運命なんて誰にもわからない :: 2018/03/12(Mon)

「まぼろしSous le sable」2001年、フランス。
監督は「8人の女たち」のフランソワ・オゾン。

”明日の運命なんて誰にもわからない”

オゾン監督の子供時代の体験がもとになった作品です。
夏休みに訪れたフランス西南部、ランド地方の海岸で
一人の男性が海で行方不明になり、戻ってこなかった。
その人がどうなったかが、ずっと気になっていたそうです。
この映画は「そのことへの自分なりの結論でもある」と語っています。

タイトルバックは、
大きくゆったり流れるセーヌ川の映像からです。
冒頭から映画に引き込まれます。

夏のバカンスに南仏の別荘にやってきた一組の夫婦。
気がつくと夫は、海岸から忽然と姿を消してしまう。
夫ジャンに、「メグレ警視」のブリュノ・クレメール。
堂々とした風貌は、画面に夫の不在をより浮かび上がらせます。
妻マリー役は、「スイミングプール」のシャーロット・ランプリング。
背筋をスッと伸ばし、毅然とした顔つきが印象的です。

マリーはホームに一人で暮らす夫の母親を訪ねます。
ジャンがうつ病の薬を飲んでいたこと、
自分は夫の変化にずっと気付かなかったこと
母親の返事は残酷なものでした。
「薬のことは聞かなくても知っていましたよ。
母親ですもの.。
あなたに飽きて、新しい人生に出発したのよ」と。
女二人の怖いシーン!

まぼろし

マリーは現実を拒んでいる自分に気付き、
夫の不在を受け入れようと決めます。
そして、ジャンが消えたランド海岸で、
両手を砂に沈めながら、
はじめて声をあげて泣きます。
原題はここからでしょうか
 Sous le sable=砂の下。

物語の結末が、とても謎めいています。
マリーが遠くの海岸に男性の姿を見つけ、駆け出します。
観ているこちら側は、この人物が誰なのか、
夫のジャンなのか全くの他人なのか、わからないままです。

オゾン監督はこの作品においても、
「あいまいなほうがいい…謎のまま…」と語っています。
フランソワオゾン監督、深いです…!



  1. 映画ベスト