fc2ブログ

Bonne Voyage!





”ニュー・シネマ・パラダイス” ノスタルジィ!ノスタルジィ :: 2022/08/07(Sun)

愛くるしいトトの表紙のパンフレットです
(シネスイッチVOL13、1989年12月16日発行)

P1030393_convert_20121209011329.jpg
カバーイラストはペーター佐藤氏

この冊子の中に淀川長治さんが
2ページにわたりエッセイを寄せています

「ノスタルジィ!ノスタルジィ! 映写技師とフィルムの、この人生物語」
「この映画は私のノスタルジィをかきたてた!
少年が大人になっていく人情話を、古い小説をひも解くように
”ニュー・シネマ・パラダイス” と言う題名で見せた。
実に洒落た脚本だ 」 ~本文より~

パラダイスニューシネマ

戦後間もないシチリア島の小さな村に
一つだけあった映画館パラダイス座。
村人たちにとって
映画が唯一の娯楽だった時代の物語です。

2ニューシネマ

フィルムを自在に操る映写技師アルフレード。
映画に魅了されたトト少年は、
パラダイス座の映写室に通いつめます。

パラダイス座で上演されていた名作の数々です。
(どん底、駅馬車、素直な女、青春群像、街の灯等々)

P1030389_convert_20121208234851.jpg

映写技師アルフレードに、名優フリップ・ノワレ、
大人になったトトは
ジャック・ペランが素敵に演じています♪

淀川長治さんは
この映画について、こうも述べています
”すりガラスのランプの光のような映画であった”

「ニュー・シネマ・パラダイス Nuovo Cinema Paradiso」
1989年公開のイタリア映画。
監督ジュゼッペ・トルナトーレ。
カンヌ映画祭審査員特別賞、アカデミー外国語映画賞など多数


  1. 映画ベスト

明日の時の長さは? 永遠と一日 :: 2022/07/26(Tue)

北ギリシアの港町テサロニキ。
詩人アレクサンドレの
人生最後の一日を綴った物語です。

1998年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞
監督 テオ・アンゲロプロス 
主演は『ベルリン天使の詩』のブルーノ・ガンツ

愛犬と海岸沿いを歩きながらの彼のモノローグから。
「私は何一つ完成していない。
あれもこれも下書き、言葉を散らかしただけだ」

自分の命が残り少ないことを知ったアレクサンドレ。
愛犬を連れ車を走らせます。
途中、アルバニア難民の少年を窮地から救い出し、
一緒に旅をすることに。
老詩人と一人ぼっちの少年…短い時間の中で、
2人の心に温かなふれあいが生まれ、
それがこの物語の一つの軸になっていきます。

難民の仲間と共に他国へ旅立つことを決めた少年。
心細く不安な顔を見せる少年に
アレクサンドレが言います。
「大丈夫、旅は大きい!いくつもの港、広い世界!」
胸がいっぱいになるシーンでした。

豌ク驕縺ィ荳€譌・_convert_20180111221535

少年が旅立つまでの、残された時間、
2人は港町を走る循環バスに乗ります。
深夜のバスには不思議な人物たちが、
次々と乗り込んできては降りていきます。
現実と幻想が入り混じり、バスの場面は、
どこかまぼろしのような映像でした。

妻との過去の幸せな思い出は、
明るい太陽の下、時間軸を超えて蘇ります…。
浜辺で亡き妻アンナとダンスを踊りながら
「いつか君に聞いた…明日のときの長さは?君の答えは?」
アンナが答えます 「永遠と一日…」

雎鯉スク鬩包」ー_convert_20180111224456_convert_20180113211702

最後の一日に永遠があった…。
現実と過去と幻想が行ったり来たり、
なかなかとらえにくく、
場面に追いつけないところもありますが、
やさしさ、哀しさが胸に迫ります。

アンゲロプロス監督の映像美あふれる作品です!

  1. 映画ベスト