FC2ブログ

Bonne journée!





カモミール茶 ~心身が疲れたときに♪ ピーターラビットの童話にも~ :: 2020/04/14(Tue)

イギリスの童話「ピーターラビット」のお話の中で
いたずらっこのピーターがお腹をこわした時に
お母さんうさぎが作ってくれるのが「カモミールティー」です

カモミールChamomileキク科は
ヨーロッパのハーブ療法を代表する植物です

今日はローマンカモミールを濃いめにいれてみました
苦みがありますが、疲れた身体にじわっときました

P1010512_convert_20120312191348.jpg
フランスでも定番のハーブティーです

主にジャーマンカモミール(1年草)と
ローマンカモミール(多年草)を使います

飲みやすいのは、ジャーマンカモミールの方です♪

多くの効能があります。
疲れた心身をトータルにケアしてくれます
消炎作用(ストレス性胃炎など)、神経性の不眠や
生理痛や冷えにも~身体が温まります。

カモミールは
「マザーハーブ」「植物のお医者さん」とも呼ばれています
子供が寝つきの悪いときや腹痛のときなどにも
安心して使えるハーブのひとつです

  1. ハーブ&アロマセラピー
  2. | comment:0

~ハーブティーブレンド~冷え性の方に しょうが紅茶  :: 2019/02/20(Wed)

しょうが根gingerは熱帯アジア原産
西洋では2千年も前から薬用として使われています

~ジンジャーティー~
まず温めたティーポットに
しょうがのスライス2~3枚と茶葉をいれよく蒸らします(2~3分)
カップに注いでください(甘みはお好みでお砂糖かハチミツを)

~自家製乾燥しょうがの作り方~
薄くスライスしたしょうがを
天日干し又は風通しのよい場所に1~2日下げておくだけ♪

~ハーブティーとのブレンド~
ローズヒップ(バラの実)+しょうがスライス2~3枚
風邪ぎみや疲労感などに効果があります

最近よく飲むのがほうじ茶とのブレンドです
ほうじ茶は紅茶に比べカフェイン含有量が少ないので
眠る前でも大丈夫です

~しょうがほうじ茶(写真右)~
かなり濃いめにいれたほうじ茶に
スライス2~3枚、またはすりおろしをスプーン1くらい
黒砂糖を入れて甘くすると
ほっこり度がアップするように思います♪

015_convert_20120210190147.jpg
自家製乾燥しょうが(写真左)
生のしょうがより、乾燥しょうがの方がより温め効果があります

~しょうが効能~
消化促進、冷え性の改善、吐き気、乗り物酔いなど
乾燥しょうがはジンゲロールとショウガオールの
2つの働きで身体の末端まで血行を促し温めてくれます


  1. ハーブ&アロマセラピー

マテ茶 ”世界三大ティーのひとつ”   :: 2018/01/25(Thu)

革命家のチェ.ゲバラも飲んでいたお茶です…♪
 
ボンビージャというストロー付きの専用の容器を使い
中味が減ってきたら、上から水かお湯を注ぎ足すのが
伝統的な飲み方だそうです

インカ帝国の時代から飲み継がれてきているお茶で
南米では非常にポピュラーな日常の飲料です
ビタミン、ミネラル、食物繊維、フラボノイドなどが
豊富に含まれていることから「飲むサラダ」ともいわれています

この時期の寒さからくるストレス、緊張やイライラなどの緩和にも。
コーヒー、茶(=紅茶、緑茶)と並んで世界3大ティーのひとつです

茶葉を乾燥、熟成した緑茶タイプと、こうばしい香りのローストタイプがあり
最初は、ローストの方が飲みやすいかもしれません。
今日は2種を半々でブレンドしてみました

マテ茶

ドライハーブとの相性もよく、ペパーミントやローズなど
その日の気分で紅茶感覚でも使えます。

 ”注意” 他のお茶に比べると少なめですが
       カフェインが含まれています
    (コーヒーの約1/4 緑茶の約1/2 紅茶の約1/3)

  1. ハーブ&アロマセラピー

ハーブティー ”自分のためのブレンド作り” :: 2017/12/16(Sat)

ハーブティーのブレンドを楽しんでいます♪

まずは自分の好きな香りと味を見つけていきます。
いまの心の状態、身体の症状などを考えて
たくさんのドライハーブ(30種以上)から
3~5種くらいをチョイス

”今日のブレンド例”
不定期な不眠症
疲れがたまっている
時々軽いうつ状態になる
フレーバーティーは日常的に飲んでいる
アユルベーダーチェックではカパ(水気質)

彼女の好きなハーブベスト3は
カモミール、リンデン、レモンバーベナです。

あと2種類加えました
レモンバームでレモン風味を
ジャスミンで優雅な香りをプラス。

P1810215_convert_20171215174749.jpg

レモンバーベナ(右) レモンバーム(中央)
ジャーマンカモミール(上) リンデン(左)
ジャスミン(緑茶+ジャスミンの花びら)(手前)

カモミールベースの穏やかなお味ですが
ジャスミンの風味で気分が上がりました!

P1810221_convert_20171216164205.jpg

夕暮れようなやさしい色です♪

  1. ハーブ&アロマセラピー

~マロウ茶~モナコ王妃が愛した花 青色からピンク色へ  :: 2017/12/02(Sat)

夜明けの空の色が、朝焼けに染まっていくことにたとえて
フランスでは ”夜明けのティザーヌ と呼ばれています
(ティザーヌ=ハーブティー)


モナコの王妃グレース.ケリーは、マロウのお花が大好きだったそうです

ドライマロウの花びら一つまみに
お湯を注ぎます

まろ3

レモン果汁を落とすと
色素成分が変化して
青色から、一瞬できれいなピンクに♪

まろ1

色の移り変わりを楽しめるお茶です♪

 マロウ(ウスベニアオイの花)
 薬効も優れたハーブ
 ローマ時代から薬用として栽培されてきた植物
 咳、花粉症 のどの粘膜の保護(のど飴にも利用)
 神経を鎮める作用、便秘にも有効
  
   マロウティーでうがいをすると、
   粘液質が傷ついた粘膜を修復してくれます。
   この季節、のどの炎症が和らぎます♪
    
    (ドライハーブとして花を乾燥したものが売られています
    ご購入の際は有機栽培表示のある安全なものかどうか
    確認されることをおすすめします)


  1. ハーブ&アロマセラピー
次のページ